• ホーム
  • 元気復活のED薬、ジェネリックメーカー品と正規品

元気復活のED薬、ジェネリックメーカー品と正規品

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で、男性器の勃起障害、又は勃起不全という意味です。
年齢と共に性欲の有る無しに関わらず、性行為の際に十分な勃起が得られない症状です。
性行為に及ぼうと思っても、十分に勃起せず、挿入する事が出来なかったり、挿入までは問題なく勃起していても途中で萎えてしまったりといった事が起こります。
そうなると男性は自尊心を傷付けられてしまいます。
「次はちゃんと勃起するのか?」といったプレッシャーが更に勃起を妨げる要因にもなります。
勃起力を復活させるための薬が「ED薬」と呼ばれるものです。
現在日本の厚生労働省から認可を受けているED薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。
これらはアメリカの製薬メーカーが製造販売しているもので、例えばバイアグラは大手メーカーのファイザー社の製品です。
日本では医師の診察のもとこれらのED薬が処方されますが、保険適用外となっており全額自己負担となります。
そのためED薬の価格は一般的な処方薬に比べると高額となっています。
いわゆる「正規メーカー品」と同じ成分で作られた「ジェネリックメーカー品」というものもあります。
インドなどの製薬メーカーが製造販売しているケースなどが有名です。
ジェネリック薬は、正規メーカー品と比べると格段に低価格で入手出来るので、インターネットの通販などを通じて個人的に購入する人もいます。
バイアグラならカマグラ、レビトラならサビトラ、シアリスならタダシップといったように、それぞれにジェネリック薬が作られています。
通販のメリットは、病院へ行かずに治療薬が手に入るので、わざわざ病院へいく時間を作らなくてもいいことと、他人にばれずに安く購入できる点にあります。
即効性のあるED治療薬を安く買いたい、と思ったらレビトラのジェネリック薬のサビトラを選べば良いですし、サビトラは通販でこっそり買えるので、誰にもばれることはありません。
しかし、成分や効能が同じとされているジェネリックED薬は、当然日本での認可は降りてません。
そのため、一部のジェネリック薬では粗悪な模造品の類いも多く、その安全性を危惧する声も多く聞かれます。
口コミなどを見て、正規品を扱っている信頼できる通販を利用しなくてはなりません。
また、日本で認可されたジェネリックED薬もあります。
バイアグラのジェネリック薬である「シルデナフィル」などです。
低価格と安全性を備えたED薬のジェネリックが今、注目を集めています。

関連記事